Lovely Grand ☆ BLOG

我が家のグランはワイマラナー♪

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだ治りません・・・(ハイグローマ治療)

今日の午前中、先週からギブスで固めている左肘の術後について、経過を診てもらいに行ってきました。
口輪を装着されて自由を奪われているグランを見ていると、いつも以上に長く感じる一週間でした・・・
今日こそは、抜糸して自由になれるかもっ!?・・・と、正直期待していましたが、グランを苦痛から開放してあげることは叶いませんでした(〃´o`)=3 ハァ~

ちょっと痛々しい画像ですが、現状の様子はこんな感じ・・・

痛々しいですが、順調です

先週まの段階で傷口はくっついていたのですが、やっぱり開いてしまいました。。。
立ったり座ったりすれば肘は大きく動きますので、多少はしょうがないですね。
・・・でもまぁ、前回傷が開いたときは皮がベロンとなってしまっていたのに対し、今回は開いている箇所以外は癒着してしっかりした感じでしたので、このまま様子を見ることにしました。
皮膚もピンク色して壊疽していませんので、あとは肉が盛り上がってくれば治ると思います。

ただし、これ以上ギブスをすると皮膚が擦れてそっちの方が厄介になりそうですから、傷保護用ガーゼの上をサポーターで押さえるだけにして、皮膚への負担を考慮する選択をしました。

しかし!

やっぱり、そんなんじゃ直ぐ取れてしまいますね・・・
家に着く前に終了でしたよΣ( ̄ロ ̄lll)

さて、どうしたものか・・・

擦れずにギブスと同等の固定ができる方法・・・

・・・・う~ん

ま、どんな方法でも少なからず擦れる訳ですから、とりあえず固定をしようっ!
そう思い立ち、帰り道にテーピング一式を仕入れてきました。
私は若かりし頃ラグビーをやっていましたが、膝に爆弾を抱えておりましたので、試合ではテーピングをしょっちゅう巻いておりました・・・
ですので、それを思い出せれば何とかなると思ったからです(。-_-。 )ポッ
そんなこんなで、自己流なのか誰かに教わったかは忘れましたが、昔の記憶を辿ってグランの肘に合う巻き方を試みました。

やってみると、意外と身に染み付いているものですね・・・
まずは傷口にキズパッドをはり、それを絆創膏ではなく、アンダーラップで固定します。
この時、脛から肘上までテンションを掛けずにグルグル巻きにし、パッドの固定と皮膚の保護を兼ねます。
その後、アンダーラップの固定とテーピングの土台を兼ねて、肘の上下にグルリと一周(傷口に絶対当たらない箇所)巻きます。
あとは、肘には一切テープを巻かず、肘の両側面へバッテン上に何重もテープを貼って、肘が90度程度曲がるように固定しました。
一応・・・傷と皮膚への負担を最小限に食い止めながら、肘を固定したつもりです。
上手くいっていると良いのですが・・・

足がむくんで来なければ、一週間後の経過観察までこのままいこうと思います。

あとは、口輪ですね・・・
やはり、固定した箇所は気になりますので、直ぐかじっちゃいます・・・
でも、これ以上自由を奪い続けるのも限界ですし・・・
私がテーピングで頭を捻らせている頃、妻はこの事で頭をフル回転させていたようです。

その結果は!?

子供のお下がり♪

何と子供のお下がりの服を着させ、気になる部分を分散することで肘だけかじるのを防ぐというアイデアを思いついたようですっ!

これはねぇ~効果てきめんでした(o≧▽≦)ノ

明らかに肘をかじる頻度は少なくなりました。
さすがに長い時間目を離しているときまでは無理ですが、これなら口輪を外す時間が大幅に増えそうです。
しかし、子供が着られなくなった服がまさかグランに回るとは思いもしませんでしたよ・・・
冬場は着るものに困ることはなさそうですね( ̄ー ̄)ニヤリッ


・・・・長くなりましたが、、、
最初は、あまり難しく考えていませんでしたが、肘の切開手術は術後が相当大変です。
掛かっても2週間程度だろうと高をくくっていましたが、トンでも御座いませんっ(゚Д゚)クワッ
ずっと安静にしてろと言ったって、「分かったワン!」 なんて答えが返ってくる訳無いですから、兎に角こちらがグランを興奮させ無いように気を使います。
折角固定してても、一発暴れればオシマイですからね・・・
それにしても、グランは本当に我慢していますよ
だって、遊び盛りの・・・しかもヤンチャなワイマラナーの一歳児が、四週間という気の遠くなる期間を遊びや散歩は一切無し、しかも部屋の中でも自由にさせてもらえていないのですから!
一番辛いのは何といってもグランですが、見ている私たちも限界です(〃´o`)=3 ハァ~

あと一週間後には、何とか散歩に連れて行けるくらいになってれば良いのですが・・・


ホームページもヨロシク!
Lovely Grand !

スポンサーサイト

| 疾病治療 | 2009-09-26 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。